×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

トップ > シムシティー4 > 序盤攻略法

シムシティー4は序盤が難しく、初心者にとって入り辛い環境になっています。ここではシムシティー4の序盤攻略について記述しておこうと思います。

まず、ゲームを起動すると入門のチュートリアルをはじめ、いくつかのチュートリアルがあります。これらのチュートリアルをプレイすることにより、ゲームの一通りの流れがわかるため、プレイして説明をよく読み、見ることをお勧めします。

それでは、ここでも説明をしていきます。

都市のはじめ
シムシティーの発展で一番重要なことは電気があるかないか、ということです。電気は発電所で供給することが可能です。
発電所には複数の種類があり「石炭」「石油」「ガス」「風力」が選べます。
「石炭」は公害が高いですが、低コスト。
「石油」は公害は石油より少なめですが、コストが高い。
「ガス」は低公害ですが、発電量も少なくコストも割高です。
「風力」は無公害ですが、コストが超割高です。発電量もわずかで、土地を取ります。田舎町を作る時などの装飾や一時的なしのぎとして使える発電所といえます。
発電所が街から離れた場所にある時は送電線を建設して電力を供給する必要があります。
※ 発電所は都市の端っこに設置すると公害の影響を少なくすることが可能です。都市の外へは公害の影響は出ません。
※ 送電線は周囲半径3マスまで送電可能です。
道路と区画設定
発電所を建設したら次は道路と住宅地区、商業地区、工業地区を設定しましょう。
緑が住宅、青が商業、黄が工業地区を表しています。
地区には低密度、中密度、高密度の3種類があり、高くなるほど大きい建物が建つようになります。
ただし、大きい建物が建つには条件が必要なので序盤は高密度を設定しても意味がありません。序盤から高密度地区を設定して財政破綻する方も多いようです。中密度を目安として地区を設定しましょう。
また工業地区の低密度は農業地区として扱われています。
水道の整備
次は水道の整備です。なぜかシムシティーでは水よりも電力が重要視されており、水がなくても小さな家、店、工場、農場は発展していきます。
しかし、オフィスやマンション等は水を供給しないと建ちません。
水を供給する施設は貯水塔とポンプ場がありますが、ポンプ場は維持費が高いので都市が小さいうちは維持費の安い貯水塔で十分です。水は水道管を通して供給することが必要です。水道管は周囲半径7マスまで水を供給することが可能です。
※ 水道の整備は何気に高くつくので人口が3000人ぐらいになってからでも十分でしょう。

ゴミ処理
水の整備が完了したら次はゴミを処理するための設備を整えます。ゴミは埋め立て、リサイクル、焼却により処理が可能です。
これらの処理は埋め立て地、リサイクルセンター、エネルギー焼却炉でできます。

「埋め立て地」はゴミの輸送費のみで済みますが、周りの幸福度を下げてしまいます。またゴミがたまるとしばらくその埋め立て地の区画は解除できません。数年でゴミが自然分解されて区画解除可能となります。

「リサイクルセンター」は公害を出しませんが、維持費が高く、全てのゴミを処理してくれるわけではありません。1つのリサイクルセンターにつき、25000人分のゴミをカバーしてくれます。

「エネルギー焼却炉」はゴミを焼却して電力を産み出します。ただし、維持費が高いのと公害が石炭よりも出ます。
※ゴミは水の供給より優先的に行うことをお勧めします。
※エネルギー焼却炉は非常に強い公害を産みますが月間維持費を0にしておいても電力は産みませんが、ゴミを処理してくれるという裏技的なことができます。

教育、福祉、市民が快適に暮らせる街作り
これで都市の基盤はできました。しかし、このまま発展させても教育も健康状態も悪く、消防署や警察署もないので都市で災害や犯罪が発生しても何もできなくなります。
そこで警察署、消防署、学校、病院を建設します。
「警察署」→シムの犯罪を減らします。ある程度人口がいる都市では逮捕した囚人を捕まえておくために刑務所が必要です。
暴動がおこると警察官を派遣して暴動を抑えることができます。
「消防署」→都市で起こる火災を防止します。火災が起こると消防士を派遣できます。
「学校」→シムの教育レベルを上げます。小学校、高校などいくつか種類があり、それぞれの年齢に応じて施設が必要です。
教育レベルが上がるとオフィスやハイテク産業が発展します。
「病院」→シムの健康レベルを上げます。
シムの教育レベルが下がりにくくなります。
※ 序盤は消防署>学校>警察>病院 で建てることをお勧めします。
※ 学校や病院は調査コマンドで維持費を変えることができます。使用人数と収容人数がギリギリぐらいの維持費にすると予算に余裕が出てきます。
このテクニックは発電所など様々な施設に使えるので応用してください。


近隣都市と共に発展
前作のシムシティー3000では近隣都市と電力、水、ゴミの取引をすることが可能でしたが、今作の4では近隣都市も自ら開発できるようになりました。
近隣都市と接続することで都市は大きく発展します。うまく利用してメガロポリスを作成してください!
まとめ
要点だけまとめてみました。
・石炭発電所を建てる。
・住宅、商業、工業=6:1:3の比率で設定するww
・ゴミ処理施設を建設 埋め立て地、またはエネルギー焼却炉
・低密度区画でとりあえず都市を広げる(財政に余裕を持たす)
・小学校を設置、消防署を設置
・人口4000~5000人ぐらいになったらポンプ場と水道管
・必要に応じて小学校、図書館、市立大学、消防署を設置
・予算に余裕があれば病院を設置
・都市をさらに拡張 二つ目の発電所が必要になってくる
・警察署を設置
※ 慣れないうちは難しいかと思いますが頑張ってください。
ラッシュアワー、デラックスは難易度を初級にすれば初期資金が$500,000あるので余裕を持って開発ができます。

トップへ戻る



 
Since2003/9/12 : 管理人Rush